人妻官能スナップ

人妻ならではの完熟した女体で、甘く求め合う夫婦の夜の営み。それだけは満足できず、不倫や婚外恋愛がもたらす背徳の蜜に中毒する人妻も。熟女たちのセックスシーンや日常を、官能的な言葉で綴るスナップショット。

官能の言葉で綴る人妻スナップショット

 人妻という存在は、どうしてこれほど『そそる』のか。その答えの一つは、それが他人のものだからではないでしょうか。

 一盗二卑三妾四妓五妻という言葉のとおり、間男として他人の愛妻を盗むことが大きな官能をもたらすのに、古今東西の別はないようです。

 二番目は「端女(はしため)」、つまり召使いの女性。三番目がめかけ=自分が囲っている女性、四番目が娼婦、一番良くないのが自分の妻というわけです。

 完全に男目線の評価ですが、女性にとってもミラーイメージで同じ事が言えそう。だからこそ、夫以外の男とのセックスは、何もかも忘れて没頭できるのでしょう。

 また、「卑」にはSM的な「奴隷」の意味も含まれているような気が。不倫関係でするSMが最高に感じるのは、そのせいかも。

 当ブログでは、婀娜な人妻たちのセックスシーンを言葉のスナップショットとして、彼女たち自身の視点で切り取ってみたいと思います。

  1. 口淫の愛
  2. むず痒さからの解放
  3. 肛交とおもちゃ
  4. コペルニクス的転回
  5. 首輪で四つんばい
  6. 二穴挿入
  7. お仕置き願望
  8. ミニスカート
  9. 窓際でオナニー
  10. 夫が連れてくる部下たちを 新しい官能スナップ